今年の夏はきついけれど、それでも夏はよいですね。


by muniapple100
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

paris4

夫が「旅行記書かなきゃ…」と負担に思っているようだったのでやっとバトンタッチします。

パリ最終日。朝からやはり小雨。
日差しに弱い私には好都合な天気だけれど、せっかくの母の初パリ、もうすこしくっきり美しい空と建物を見せたかったな。

今日は、モンマルトルへ。
今回雨だったのでメトロにたくさん乗りました。10枚綴りのカルネを4回くらい購入した。
この日は何回も乗ったから、一日券でもよかったかも。
d0001946_1435061.jpg

モンマルトルの丘から。パリのイメージは、グレー。

d0001946_14383229.jpg

白亜と称されるサクレ・クール寺院も、今日はグレー。

モンマルトルに、我々のお気に入りの場所があります。
ユトリロがたくさん絵を描いたラパン・アジルというシャンソニエの前に突然現れる、パリで唯一の葡萄畑。
ここでとれた葡萄で、少ないながらワインも造っているのですって!
d0001946_14394079.jpg


サクレ・クールの前は観光客でいっぱいだったけれど、この辺りは観光客がやってきては「これが有名なラパン・アジルか~写真写真!」パチリ。そしてすぐ去っていく。去った後は、ぽっかり静寂が訪れる。素敵なエアポケットです。
葡萄畑の隣の小さな公園で、途中のパン屋さんで買ったバゲットサンドと、ペットボトルに詰めて持ってきたワインをいただくのが小確幸です。しばし呆ける。
d0001946_14392733.jpg


この日は最後なので、パリ観光名所めぐり。凱旋門(初めて近くまで行った)、シャンゼリゼ通りを闊歩。ルイヴィトンの周りも、あまり日本人はいなかった。震災の影響かな…?

d0001946_14474633.jpg

対岸のエッフェル塔が見えるカフェで一休み。
雨も上がり、だらだら、がしがし歩いていると熱くなってきたので、白ビールにレモンを浮かべたbiérre blancheが美味しい。

d0001946_14475960.jpg

いずみさんにいただいたエッフェル塔の指輪と、記念写真。
エッフェル塔は長蛇の列だったので、もちろん登りませんでした。

晴れてきたので、日光にしおれてぼーっとしてくる。よってこの辺の記憶があまりありません。

d0001946_14481876.jpg

妹がNHKの「世界ふれあい街歩き」で観てとっても行きたかったという、パリに残るパサージュ(日本でいうとアーケード商店街?)ギャルリ・ヴィヴィエンヌにて、画廊の床におすまししていた気品溢れる猫。まったく媚びない。さすがパリッ子。

木曜だったので、夕方からオルセー美術館が半額になります。
それを狙って18時頃、オルセーへ。少し並ぶだけで、入れました。

お腹がすくと全く動けなくなってしまうので、入場したらレストランへ直行…こんな客、あまりいないのではないでしょうか。オルセーのレストランでちゃんと食事したのは初めてでしたが、なかなか美味しくて良かったです。
d0001946_14483553.jpg

レストランの荘厳な天井。

残念ながらオルセーは改装中で展示品がおそらく半分くらいしか見られず、しかも写真撮影が禁止になっていたので、半額でちょうどよかった(パリまで行って、せこいな)。
でもゴッホ特集をやっていたので、力強い絵具の曲線と、絶妙な色彩をじっくり拝見することができました。
d0001946_15165536.jpg


ゴッホの曲線は、日本のホラー漫画界(伊藤潤二さんとか)に多大なる影響を与えたのではと勝手に思ったりする。
d0001946_15171060.jpg


しかし、美術館は体力勝負。スニーカー必須。あんまり数がありすぎるとありがたみというか、段々ひとつひとつを浅く見るようになってしまうので、一度で全て見ようとせず、何回も通うべきですね。ルーブル戦略?

今回は4人だったので、空港~パリ市内への移動はパリ・ブルー・エアポートシャトルというJAF割引のきくシャトルバスを往復とも利用しました。
往復で106ユーロ。乗合だと思ったら貸切だったし、ガラガラと石畳の道をスーツケースひっぱってバス乗り場へ行かずに済み、とっても楽でした。

フランス語があまり使えなかったので(「クレジットカード使えますか?」ばっかり聞いてた気がする)、今度来るまでにまた勉強せねばと思いました!
やはり現地の人との触れ合いが一番楽しいもの。

おかん、引っ張りまわしちゃったけど、楽しめたかなあ?

kiii
[PR]
# by muniapple100 | 2011-08-15 15:28 | お出かけ

これにて。

2005年から開始したこのブログも、ついに容量が満杯。

だからってやめちゃうのも何なので、これからもぼちぼち続けます。

という訳で、これにてこちらに引っ越します。

→ http://yunron.exblog.jp/
[PR]
# by muniapple100 | 2010-07-25 23:12 | さらそ

ノリコ

梅雨が明けまして。

久しぶりに代官山に行ってみた。
古着の匂いやハリウッド・ランチ・マーケットは懐かしかったけれど、結局、何も買わずに帰ってきた。物欲がなくなったのは、歳のせいだろうか。

最近、小津映画の面白さがようやく分かるようになってきた。
数年前に「秋刀魚の味」を観たときは、「ついに秋刀魚が出てこなかったな」という素朴な感想しか残らなかったものだが、これも歳のせいだろうか。
今日観た「東京物語」は、特に素晴らしかった。

原節子(なぜかいつも「ノリコ」役)の目ヂカラ。
あの目で「いいえ。そうじゃありませんの」と言われたら、「そうですか。」と引き下がるしかない。
笠智衆の緩慢な動き。細くて丸い背筋。
何となく、他人とは思えない。

トスカーナへの旅行を企てている。ツアーではなくて、航空券も宿も自分で(というか妻が)手配して、モンタルチーノやらモンテプルチャーノやらにのんびりと宿泊したいなあ、などと漠然と考えている。

それにしても、旅の準備というのはなかなか面倒なものだ。
情報収集は主にインターネットに頼ることになるわけだが、バージョンが古いせいか、HPの閲覧中にSafariがしばしば強制終了されるので、その度に挫けそうになる。というか、挫けて次の日に情報収集を繰り延べる。PCを買い替えろということなのだろうが、買いに行くのも、選ぶのも、インターネットやAirMacの設定をやり直すのも面倒くさい。

そういえば、洗濯機や冷蔵庫もだましだまし使い続けているが、そろそろ本格的に怪しくなってきた。先週、腕時計も止まったなあ。

困ったものです。
[PR]
# by muniapple100 | 2010-07-18 23:37 | 映画

太っ腹

ここんとこ2kgくらい肥えてしまい
重い、腹のみがおもい
これが寄せる波ですか 酷い
ようし、食べるものに気をつけるぞ
思い立った途端 豆フレンチに行ってしまった!
豆と野菜とごちそうであるお魚とパスタとデセールと
たらふくたらふく喰らって
今宵も生き物たちありがとうございました
私が生きているのは皆様の御蔭です

というわけで
ダイエットなんてくだらねえ
つことだ
命に感謝しながら汗して生きろと
おうよ33

George OwellのAnimal Farmを読んだ
宮沢賢治のビジテリアン大祭と通ずるものがあって
どこまでいっても支配しされるもの
喰らい喰らわれるもの
命をうばわれるものの諦観と命を奪うものの愚かさ
しかし実は表裏一体のいのちの妙
だんだんぐるぐるわからなくなってきました

kiii
[PR]
# by muniapple100 | 2010-07-13 00:35 | 徒然

スーマリ

こないだたまちゃんが、赤いTシャツに青いオーバーオールだったので
たまちゃん、なんか太ったんじゃない?
しかも、マリオに似てるね!
と言ったら
まんざらでもなさそうだった

まさゆめか?どうたまちゃん?

しかも、調べてみたら
服の色が逆でやんの、マリオ

みなさん、投票いきましたか?
レンホウ!ってひびきがなんか好き
あとオシム!
うちでは「オシム、うそつかない」とか
「オシム、もうかえる!」といった
中国語風発音が
一時、流行っていました

BLOW UP
ラストタンゴ・イン・パリ
は観た。
マーロン・ブランドが意外とセクシー。
70年代の人たちって、なんか野放図なエネルギーあったですね
今の人たちって、なんかクリーンで巧妙でそれでいて何にも考えてない感じ?
ギミックか!ハウツーか!嫌われるのってそんなにだめか!
主張するのってだっさいのかな?
まあ
それはそれで

kiii
[PR]
# by muniapple100 | 2010-07-11 18:52 |

33

というのも月曜で33になる。
32最後の金曜、東京は雷雨。
照っても降っても、生きるのみ。
と言ってる間に、晴れた。

そしてまた、雷鳴。

人生、わからない。
だから、気にしない。

kiii
[PR]
# by muniapple100 | 2010-07-02 17:29 | 肉球

下北

日本代表、頑張りました。
パラグアイは勝負強いねえ。

土曜。
札幌からやって来た水玉よしこ嬢と馬喰町で落ち合い、カレーを食ってから家で酒。つまみは炭酸水(レモン風味)。23時過ぎにディスチャえびな氏も到着して、さらに酒。つまみは炭酸水。

日曜。
職場の後輩が出場するウィルチェアーラグビーを観戦にさいたま新都心に出かけ、見事な勝利を見届けた後、そこから下北まで大移動し、インディーズ・フェスでディスチャーミングマンとサイプレス上野とロベルト吉野と、そしてサケロックを観る。さいたまと下北のハシゴなんて初めてだ。

ディスチャーミングマンはいつもながら素晴らしかった。「因果結合」はやっぱり名曲。ショートでハードな「ディスドアー」も格好良い。えびな氏の音楽のルーツを感じます。

サイプレス上野とロベルト吉野は久々に観る真性ヒップホップ。上野氏から振る舞われたスイカ(1/4カット)が客から客へ。ヒップホップも生で観ると楽しいものだ。

大人気のサケロックはさすがの実力派。演奏もうまい(リズム隊、ほんとにうまい!)が、ハマケン氏の相変わらずのパフォーマンスに抱腹絶倒。いやあ、いいもの観ました。「京都」なんて、笑い過ぎて腹がよじれた。

やっぱり、音楽とビールは生に限る。夏だねえ。

♨む♨
[PR]
# by muniapple100 | 2010-07-01 22:56 | 音楽

木更津沖にて

日本が勝った。
クララが立った。
しかも、取るべき人が取った。

金曜は休暇を取って、師匠とともに河豚釣りに。
仕事を休んで釣りに行くことができるなんて、何て幸せな身分なのだろう。

最近は随分調子が良いようだったが、この日は潮も利かず、反応は極めて薄い。
それでも、必死に、真面目に、ひたすら誘って誘って、釣果は5尾。
なかなか厳しい釣りだったが、うち2尾は35センチ。3尾が白子入り。自分としては納得の結果。食べるにしても、我が家の2人には十分過ぎるくらいだ。
とはいえ、5尾のうちはっきり「釣った」と言えるのは2尾。「釣れた」のが3尾。運が良かったのと、師匠が夜明け前から並んで有利な釣り座を確保してくれたおかげであります。

河豚釣りは奥が深くて面白い。
微妙な当たりをキャッチするには、キス竿やカワハギ竿では限界がある。
そろそろ、河豚専用の竿でも買うかな・・・

妻が2度のイタリア出張でワインを買い込んで帰ってくれたので、我が家は今イタリアワイン天国。
ワールドカップも観られるし、楽しいな。

ご近所のお知り合いのご婦人が、体調を崩して入院されている。
世の中がこんな人ばかりだったら、さぞ平和だろうと思わせる、おっとりとした品の良い方だ。エフでお会いするたびに茶飲み話に花が咲いたものだが、もう何ヶ月もお顔を拝見していない。

早く、元気になってください。

2005年3月から細々と続けてきたこのブログも、そろそろ容量がいっぱいになる。
引っ越しを考えねば。

♨む♨
[PR]
# by muniapple100 | 2010-06-16 21:35 | 釣り

wheelchair rugby

むにの会社の後輩、Kくんが出るウィルチェアラグビー(車椅子ラグビー)の試合を観に行きました。
予想以上にかっこよかった!
d0001946_1265543.jpg

d0001946_127348.jpg

d0001946_1224537.jpg


競技用の戦車みたいな車椅子でガンガンぶつかるので(音がすごかった!)、Kくんは脚を骨折したことがあるそうだ・・・さらに脚を・・・激しいなあ。

でもお仕事が非人道的に忙しそうで、世界選手権など大事な試合めざしての練習がなかなかむずかしいそう。
会社も職員の人生のこと、もっと考えてあげればいいのに・・・
世界選手権に出るチャンスなんて、普通ないでしょう。

ウィルチェアラグビーは、以前お借りした映画「マーダーボール」で観てめちゃくちゃクールで(いや熱いんだけど)恐い人たちだ!と思ってずっと生の試合を観たかったので、今回は、いやあ、アスリートって強靭で美しい、と思いました。

変な話だけど、もし自分が車椅子の生活になったとしても、あんなことできる可能性があるのなら、どうなっても歯くいしばって生きていける、という希望ももらいました。だってほんとに格好良いんだ。
形は何でもいいんだ。
人生で重要なのは、へたれにならないことだわ。

ウィルチェアラグビーについて。
http://www17.ocn.ne.jp/~jwrugby/

ニュージーランドのページがかっちょいい。
http://www.wheelblacks.com/

kiii
[PR]
# by muniapple100 | 2010-06-15 12:33

シチリア

シチリアから帰ってきました。
シチリアといっても、メインの都市パレルモではなく
東端のカタニアという町だけだったので
おそらくこれぞシチリア、という部分は未体験だけれど
エトナ火山を背中に、地中海の空気、
それにアフリカや中東、ギリシャのエキゾチックな雰囲気を併せ持つ少しさびれた町で、
イタリアという国をひとくくりにすることは不可能!
ということがようくわかりました。
それは2週間でコモというイタリアの北端から
カタニアの南まで体験できたからわかったこと。
全く雰囲気がちがいます。
旅は、ほんとに行かなきゃわからない!
人といっしょ。話してみなきゃわからない。
金正日もむちゃくちゃナイスガイだったりして。

行為の結果や論客が幅をきかせている世の中で
自分みたいな直感的で感覚的に生きている人間には
最近すごく窮屈だ。
全部説明しなきゃだめなの?って思っちゃう。
べっつにいいじゃんね!
みんな人に厳し過ぎるし!ひまなんだね!
そんなひまあったら身近な人ひとりを幸せにするのに
心を砕いた方がいいぜ。

食事も人生も楽しまなきゃね!というイタリアの人々に触れて、
住んでみたくなっちゃいました。
イタリア語も少し覚えた。
自分にとって一番大事なのが、"E con la carne?"(肉は入ってますか?)でした。
やっぱりその国に行く以上、少しくらいは土地の言葉で話しかけたいもの。

時差ぼけ皆無。いえー
7月には合気道一級を受けます。気合い入れて、夏。

ああーその前に梅雨がー
でもお米には必要だもんね。
物事には必ずいい面と悪い面がある。

kiii
[PR]
# by muniapple100 | 2010-06-12 18:40 | お出かけ